大学受験・英文法におすすめのテキスト その②応用編

こんにちは現役早大生のみーこです。大学受験勉強のテキスト選びに困っていませんか?特に私は英文法に苦手意識があったのですが英文法の参考書・問題集は本当に選ぶのが大変でした。ここでは私が実際に活用しておすすめできると感じたテキストをご紹介していきます。基礎が身に付いた方向けのテキストをご紹介していきます。

大学受験・英文法におすすめのテキスト(大定番)

 大学受験の英文法と言えば、という大定番のテキストがあります。1位は「ネクステ」ではないでしょうか。ただ実際に受験勉強を開始するときに1冊目がこれでよいのか?と言われると個人的にはNOです。うまく活用するためにはタイミングも重要です。

●NextStageネクステージ英文法語法問題
 このテキストは言わずと知れた王道のテキストで通称「ネクステ」です。受験生の方はすでに使用している方も多いかもしれません。要注意なのは、ネクステは基礎が身に付いた上で取り組むテキストです。定番だからと言って1冊目に取り組んでしまうと解説が足りないと感じてしまうこともあると思います。問題を解いて、復習でその解答になる理由を明確にするという使い方をすることが重要です。あらゆる内容が組み込まれているのでセンター試験でも8割以上を目指す方が英文法の情報をインプットするのにぴったりのテキストです。

●全解説頻出英文法・語法問題1000
 このテキストも英文法の問題集と言えば、という定番テキストです。ただレベルは早慶レベルなので思った以上に難易度が高く、ネクステの次に活用するくらいがおすすめです。1000問の大ボリュームなので基礎が徹底できたうえでひたすらインプットする際には最高のテキストです。1冊すべて網羅できたらかなり英文法の力が身に付くでしょう。

大学受験・英文法におすすめのテキスト(講義本)

 英文法のテキストには講義本言われるものがあります。受験勉強とは無関係なものでも読み物として面白いので個人的には一般向けの講義本が好きです。ここでは一般向けかつ大学受験にもおすすめの講義本をご紹介します。

●山口俊治 英文法講義の実況中継
 このテキストは講義本ですが英文法問題も900問近く掲載されていて問題集としても活用できます。フォレストやネクステが読みにくいな、と感じる方には一度おすすめしたい1冊です。ただこのテキストも難しい単語も登場したりする場合もあり、基礎がついた上でのテキストなのである程度の文法力がないと読みにくいかもしれません。TOEIC,TOEFL,英検など資格試験受験者も使用している方が多いそうです。

大学受験・英文法におすすめのテキスト(その他)

 英文法と一口に言っても、文法は幅広いです。長文読解、英作文、和訳問題、整序問題など様々な問題に関連してきます。特に志望大学で整序問題が出題される場合は、整序問題の問題集に取り組んでおくことをおすすめします。もちろん、会話文なども同じくです。

●英語整序問題速攻100題
 このテキストは整序問題におすすめのテキストです。整序問題には構文と英単語、熟語の知識が必要です。1日20分5日間完成というコンセプトなのでそこまで時間はかからないので、1冊取り組んでおくと安心です。受験勉強の序盤に取り組むよりは総仕上げに入試直前に取り組むくらいで丁度よいと思います。早慶を目指す方にはやや易しいレベルかもしれません。

いかがでしょうか。ご紹介したテキストはほんの一部ですがもしテキスト選びに迷っている方の参考になれば嬉しいです。私はテキストのおすすめサイトや、レビューを参考に参考にしましたが可能であれば実際実物を見てから購入するのが1番のポイントだと思います。

大学受験・英文法におすすめのテキスト その①基礎の基礎編

こんにちは現役早大生のみーこです。大学受験勉強で参考書や問題集などのテキストは欠かせないアイテムですが、テキスト選びに困っていませんか?私は実際に受験勉強用の参考書を選ぼうと思ったときに、数もレベルも膨大で一体どれが自分に合っているのかわからず困った経験があります。特に英文法に苦手意識があったのですが英文法の参考書・問題集は本当に選ぶのが大変です。ここでは私が実際に活用しておすすめできると感じたテキストをご紹介していきます。まずは基礎の基礎を見直したいと思っている方におすすめのテキストです。ぜひ参考にしてみてください。

大学受験・英文法におすすめのテキスト(文法)

 定番と言われる英文法のテキストは実際のところどうなのでしょうか。私が実際に使ってみて思ったことは、中学英語の見直しには定番が1番ではないかということです。レベルが上がっていくと志望大学のレベルに合わせたテキストを選ぶことが重要ですが、基礎の基礎には定番がおすすめです。

●関正生の世界一わかりやすい英文法の授業
 このテキストは英文法がさっぱりわからない、まずは中学英語から?と考えている方におすすめのテキストです。この1冊で英文法の土台となる基本事項を復習することができます。例えば私のように中学英語はその時その時暗記で乗り越えてきてしまって実際の知識がほとんどついていない、という方でも基礎を思い出すことができると思います。逆にレベルが易しく1~2週間程度で一通り目を通せるはずなので、レベルが高い方には物足りないと思います。すでに力がある程度ついている方には不要なテキストかもしれません。

●大岩のいちばんはじめの英文法【超基礎文法編】の使い方
 このテキストの魅力はとにかく基礎の基礎に絞って紹介しておりその他の部分はごっそりカットしているので基礎だけに集中できる点です。内容はかなり易しいので、3日くらいで読めてしまうと思います。私もそのくらいですべて読むことができました。英文法が苦手な方の導入にはぴったりですが、すでに受験勉強に取り組んでいてある程度の英文法知識がある方には易しすぎるかもしれません。基礎の見直しのために手元に置いておくテキストとしてはおすすめです。

大学受験・英文法におすすめのテキスト(構文)

 英文法の中でも特に構文は重要なポイントです。構文が攻略できると長文読解が強くなります。

●英語構文基本300選
 このテキストは英文法が苦手なので英文和訳が苦手、という方におすすめです。整序問題の対策としても有効だと思います。私も英文法が苦手と漠然と思っていましたが、構文がきちんと理解できるだけで長文読解にそこまで困らなくなりました。速読を身につけたい方にも構文は必須でおさえておかなければいけない項目なので構文の基礎を見直せるこのテキストがおすすめです。この構文テキストを音読練習に使うのも効果的で、300程度ある全文をすらすら音読できるようになれば、速読力や瞬訳する力がアップするはずです。

大学受験・英文法におすすめのテキスト(ドリル)

 問題形式で中学英語をおさらいしたい方におすすめのドリルです。1日●題と決めてしまえば取り組みやすいです。

●Mr.Evineの中学英文法を修了するドリル
 このテキストは中学英文法をおさらいできるテキストです。大学受験用のドリルではなく一般向けのものですが、中学受験のおさらいには適しています。解説も文法用語が多用されているので文法用語の復習もしやすくなっています。ご紹介した中でもかなり易しいレベルなので、活用するとしたら英文法を勉強を始める1冊として取り組むこと、あまり時間をかけすぎないこともポイントです。