大学受験・英文法におすすめのテキスト その①基礎の基礎編

こんにちは現役早大生のみーこです。大学受験勉強で参考書や問題集などのテキストは欠かせないアイテムですが、テキスト選びに困っていませんか?私は実際に受験勉強用の参考書を選ぼうと思ったときに、数もレベルも膨大で一体どれが自分に合っているのかわからず困った経験があります。特に英文法に苦手意識があったのですが英文法の参考書・問題集は本当に選ぶのが大変です。ここでは私が実際に活用しておすすめできると感じたテキストをご紹介していきます。まずは基礎の基礎を見直したいと思っている方におすすめのテキストです。ぜひ参考にしてみてください。

大学受験・英文法におすすめのテキスト(文法)

 定番と言われる英文法のテキストは実際のところどうなのでしょうか。私が実際に使ってみて思ったことは、中学英語の見直しには定番が1番ではないかということです。レベルが上がっていくと志望大学のレベルに合わせたテキストを選ぶことが重要ですが、基礎の基礎には定番がおすすめです。

●関正生の世界一わかりやすい英文法の授業
 このテキストは英文法がさっぱりわからない、まずは中学英語から?と考えている方におすすめのテキストです。この1冊で英文法の土台となる基本事項を復習することができます。例えば私のように中学英語はその時その時暗記で乗り越えてきてしまって実際の知識がほとんどついていない、という方でも基礎を思い出すことができると思います。逆にレベルが易しく1~2週間程度で一通り目を通せるはずなので、レベルが高い方には物足りないと思います。すでに力がある程度ついている方には不要なテキストかもしれません。

●大岩のいちばんはじめの英文法【超基礎文法編】の使い方
 このテキストの魅力はとにかく基礎の基礎に絞って紹介しておりその他の部分はごっそりカットしているので基礎だけに集中できる点です。内容はかなり易しいので、3日くらいで読めてしまうと思います。私もそのくらいですべて読むことができました。英文法が苦手な方の導入にはぴったりですが、すでに受験勉強に取り組んでいてある程度の英文法知識がある方には易しすぎるかもしれません。基礎の見直しのために手元に置いておくテキストとしてはおすすめです。

大学受験・英文法におすすめのテキスト(構文)

 英文法の中でも特に構文は重要なポイントです。構文が攻略できると長文読解が強くなります。

●英語構文基本300選
 このテキストは英文法が苦手なので英文和訳が苦手、という方におすすめです。整序問題の対策としても有効だと思います。私も英文法が苦手と漠然と思っていましたが、構文がきちんと理解できるだけで長文読解にそこまで困らなくなりました。速読を身につけたい方にも構文は必須でおさえておかなければいけない項目なので構文の基礎を見直せるこのテキストがおすすめです。この構文テキストを音読練習に使うのも効果的で、300程度ある全文をすらすら音読できるようになれば、速読力や瞬訳する力がアップするはずです。

大学受験・英文法におすすめのテキスト(ドリル)

 問題形式で中学英語をおさらいしたい方におすすめのドリルです。1日●題と決めてしまえば取り組みやすいです。

●Mr.Evineの中学英文法を修了するドリル
 このテキストは中学英文法をおさらいできるテキストです。大学受験用のドリルではなく一般向けのものですが、中学受験のおさらいには適しています。解説も文法用語が多用されているので文法用語の復習もしやすくなっています。ご紹介した中でもかなり易しいレベルなので、活用するとしたら英文法を勉強を始める1冊として取り組むこと、あまり時間をかけすぎないこともポイントです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です